Dennis Morris

A BIT more PIL

2011年3月18日(金) ~ 2011年4月4日(月) 
12:00—18:00 会期を延長し4月4日(月)まで開催させて頂きます。地震・停電等の影響により営業時間等、変更となる場合がございます。

dennis_2.jpg

1978年、「ロックは死んだ」という言葉と共にSex Pistolsを脱退したジョニー・ロットンが、ジョン・ライドンと名を変えて結成したバンドPublic Image Ltd(P.I.L.)。ジャーマンロックやダブなど、当時最先端と言われていた前衛的な音楽を追求したサウンドは、Joy DivisionやSmithを始め多くのフォロアーを生み出し、30年以上経った現在も色褪せることなく評価を得ています。また、Undercover、LAD MUSICIAN、museum neuなどのファッションブランドがコレクションテーマにあげるなど、ヴィジュアル面でも幅広い支持を集めています。
そんなP.I.L.の活動を撮り続け、さらには独創性に富んだP.I.L.のロゴマークやレコードジャケットなどを共に製作したのが、若くしてボブ・マーリーに才能を認められ、またSex Pistolsのバンド活動から私生活までを撮り続けたなどの逸話を残す、フォトグラファーのデニス・モリス。
渋谷のパルコファクトリーにて同時開催される写真展「A BITTA P.I.L.」と連動した本展では、ジョン・ライドンがP.I.L.結成前にジャマイカで過ごしたプライベートタイムを捉えたドキュメント写真や、当時の貴重な印刷物などを披露。音楽ファンはもちろんの事、当時のファッションやカルチャーをも体感できる貴重な機会を、お楽しみください。

同時開催
【Parco Factory】
タイトル デニス・モリス写真展「A BITTTA PIL」
会場 パルコファクトリー(渋谷パルコpart1・6F)03-3477-5873
会期 2011 年3 月18 日(金) ~ 4 月4 日(月)
   10:00 ‒ 21:00(入場は閉場の30 分前まで・最終日は18 時閉場)
入場料 一般300 円 学生200 円(小学生以下無料)
主催 パルコ
企画制作 Dennis Morris・Rocket Company*/RCKT
P.I.L.の1st アルバム『Public Image』・PV 撮影・2nd アルバム『Metal Box』という3 つのセクションにわけ、未発表作品を含めた全20 点の大判プリントを展示予定。
渋谷パルコ パート1 / 6F
http://rckt.co.jp/topics/IMG/DENNIS-PARCO.jpg

A BITTA PIL for A Better Tomorrow
「東北関東大震災」義援金の受付について

写真展準備のため家族とともに来日していたデニス・モリスは、3月11日金曜日、渋谷で今回の地震を体験しました。そして、その後の報道などをみて「写真家として何かできることをしたい。一人でも多くの子どもたちの笑顔を取り戻したい」と強く思い、東北関東大震災被災者の方々の救済ならびに復興支援活動の一環として、“苦い薬(Pill)ほど効き目が強い。きっとよりよい明日につながる”という意味を込め「A BITTA PIL for A Better Tomorrow」と題した救援募金を呼びかけることにしました。

募金いただいたお金は、「日本赤十字社」を通じて、東北関東大震災の被災者への支援にあてられます。募金内容の詳細は、後日、デニス・モリスのHP(www.dennismorris.com)と、ロケットカンパニーのHP(www.rckt.co.jp)にて、ご報告させていただきます。

Dennis Morris(デニス•モリス)

11才でボブ・マーリーにその才能を認められツアーに同行し、17歳にして音楽誌のカバーを総なめにした天才フォトグラファー。その後、熱烈なレゲエファンでもある、Sex Pistolsのボーカル、ジョン・ライドンからバンドの写真を撮って欲しいと依頼を受け、ツアーやレコーディング期間はもちろん私生活までを撮影。P.I.L.の結成後も彼の活動を追いかけ続けることになる。他にも、Patti Smith、Stone Roses、Oasis、Primal Scream、Radioheadなど数多くのミュージシャン撮影や、『Rolling Stones』『Time』『People』他の雑誌や広告等で活躍している。現在ロンドン在住。
http://www.dennismorris.com