吉田 真理

I’ll catch the First Raindrop.

2010 6/4(金)-6/15(火) 12:00-19:30 6/4(金)オープニングパーティー18:00~20:00

yoshida_mari_1.jpg

独特の手法で表現したペインティングやドローイング作品を発表しているアーティスト、吉田真理の初個展をROCKETにて開催します。本展では、墨や鉛筆と和紙そのものの白、絵具を塗ったあとに剥がし繊維があらわになった紙の質感など、きっかけをきっかけのまま残しつつ、それらを組み合わせる手法で描いた平面作品をメインに、和紙とアルミニウム、石とババロワ、ビニールテープとオーガンジー、雲とレース編みなどさまざまな素材を用いて、モノトーンの中に明るい可笑しみのあるイメージを盛り込んだインスタレーションを披露。普段関わりのなさそうなものたちが、一緒になることで放つ新たなエネルギーを表現します。梅雨空を吹き飛ばそうというよりは受け入れてみましょうかといった軽やかなスタンス、どこかのん気ささえ漂う彼女の作品世界を、ゆっくりとお楽しみください。

「生活のなかで、ひらめきやきっかけが生まれた瞬間の最初のひとしずく。ある瞬間に、それまでそこになかったものが、現れること、その場で他のものと一緒になることで出てくるエネルギーを見ることが好きです。その瞬間を掴みたい、定着させたいと思っています」(吉田真理)

吉田真理(よしだまり)
1981年京都生まれ。東京学芸大学美術科在学中より日本画制作を始め、現在は平面作品(絵本・イラスト・絵画)を中心に制作を続けている。2007年 第8回ピンポイントギャラリー絵本コンペ優秀賞、2009年 第5回ピンクリボンデザイン大賞優秀賞受賞。